トップ保険サービス株式会社|勧誘方針個人情報保護方針

 

採用情報

石丸 大介

石丸 大介/営業職 2009年入社

営業に憧れた10代
私は専門学校を卒業後、長崎のホテルで働いていました。
ホテルではお客様に直接サービスをする現場の仕事が花形でしたが、営業の人が仕事を持って来たり、それを褒められているのを見て「かっこいいな〜」という漠然とした憧れがありました。ホテル時代は頑張ったことが数字になって表れにくいということもあり、自分の頑張りがダイレクトに数字になって返ってくる「営業」という仕事に興味を持ちはじめました。
人間力を高めたい
その後、トップ保険の野嶋社長にご縁があり、就職(転職)相談をさせてもらいました。
「営業がしてみたい!」という思いでホテルを辞め、色々な会社を訪問しましたが、仕事の内容や会社の方針をあまり教えてもらえない会社が多かったです。もちろん営業で実績を出したい!という思いはありました。しかし、転職活動中の野嶋社長との相談の中で、トップ保険は企業理念や会社のことをきちんと教えてくれたことで、「お金を稼ぎたい!」「営業で数字を上げたい!」というよりも「自分がどうなりたいのか」「自分の人間力を高めていくこと」を目標にしたほうがいいのではないか、ということに気がつきました。それがトップ保険サービスへ入社したいと思ったきっかけです。
「トップ保険の営業マン」としてではなく、「石丸大介」として
トップ保険で実際に営業職として働いてみて、「営業がしたい」という漠然とした思いは、だんだんと具体的になりました。それは、いろんな悔しさや嬉しさを経験したからだと思います。
(僕がこれを案内しておけばお客様をお守りできるかもしれない…)(もっと知識があれば…)という悔しさや、『石丸くんが言うなら』と信頼してもらえた時、『なるほどね』と相手の理解が深まった時の嬉しさが、今の自分のモチベーションになっています。お客様にとって「トップ保険サービス」ではなく「石丸大介」が頼られていること、契約に至らなくても困った時や何かあった時に相談する相手として自分が必要とされていることは本当にやりがいを感じています。数字だけを追いかけてみたかった昔と比べたら、随分と変わりましたね。
社内研修制度について
昔は、自分でやってみて仕事のやり方を覚える、という感じでしたので、社内での新入社員研修もありませんでした。
試行錯誤の中で自分が出来上がっていきましたし、度胸もつきました。その時期に入社できてよかったと思っています。
現在は、新入社員研修があったり、仕事の順番をきちんと教えたりしています。
更には、「黒帯制度」という保険技能検定もありますので安心して保険の知識向上や、説明技能向上に取り組めると思います。
今まで出会った人との「出会い」は今に活きている
17歳の時から飲食店でアルバイトをし、専門学校を卒業してホテルに就職して、トップ保険に出会って今日まで、様々な人との出会いがありました。本当にいろんな経験がありました。数多くの経験や影響を受けて、今の「石丸大介」は出来上がっているんだ、と実感しています。人との出会いには本当に感謝しています。
今後のトップ保険、今後の自分
経営品質会議、GPWなどを通して、会社の経営が社長の頭の中だけでなく、一人一人が考える経営に具体化されてきています。そんな中で、経営にきちんと助言・意見が言える人間、そして後輩も増えてきたことで、人間的にも、保険知識的にも尊敬され続ける人間にならなければいけないと思います。だからこそ、後輩が成長するスピードよりも速く、自分が成長しないといけないプレッシャーがあります。
人間力を高めること
毎週月曜日の早朝勉強会、毎月の社内木鶏会は皆がしていることなので、プラス、より多くの人と会おうとしています。もちろんトップ保険に居るだけでもすごく勉強になりますが、仕事だけでなくプライベートでも様々な見方に触れることが勉強になります。もちろんいい影響も悪い影響もあると思いますが、自分に一本筋が通っていれば、ぶれることはないと思いますし、他人の意見を「そういう人もいるのだ」と思えるようになります。
また、最近同級生がとても頑張っているのが刺激になっています。社長になった人、起業している人など。彼らを見ていると、自分のモチベーションも上がります。ただ、社長になりたい!というわけではありません。自分が成長できるなら社長になりたいとも思うかもしれませんが、今はトップ保険にいることで自分が成長できていると実感しています。例としては、『飲みに行こう』と誘ってくれていた友達からの連絡に、『交通事故に遭って…』『こういう時はどうしたらいいかな?』という「相談系」の連絡が来るようになりました。ただ友達の話を聞くだけではなく、アドバイスを求められるようになったことは、トップ保険にいたからこそだと思います。
就活生に向けて
縁があるかもしれないから、好き嫌いせずに「食べてみろ」と言いたいです。とりあえず食べてみて、そこからの縁があるかもしれないし、美味しくなかったらそれまでだし、違うな、と思ったら転職することもアリだと思います。自分でこれだ、と思ったならとりあえず飛び込んでみること、そこで一所懸命働いてみること、違うと思ったらまた行動してみればいいと思います。
トップ保険で学ぶことはない、と思ったら…その時は転職しますか?
まだその境地に達してないですが…
そこまで行ったら、今度は「恩返し」ですね。

トップ保険サービス株式会社 90年の歴史

The Voice 診断結果レポート

野嶋康敬の道しるべ|トップ保険サービス株式会社 弊社代表野嶋が日経BizGate「私の道しるべ」に出演いたしました。記事ならびに映像はこちら

今が旬な保険トップ5

お問い合わせこちらまで

スタッフ紹介
私たちが皆様の「楯」になります(スタッフ紹介)
トップ保険サービス株式会社
損害保険代理業・生命保険募集代理店
福岡県北九州市小倉北区米町1丁目3-1
明治安田生命北九州ビル2F
Tel.093-541-7777 / Fax.093-521-2282
e-Mail hp@top-hoken.com

詳細は会社概要をご覧ください

いつでもお気軽にお問い合わせください

Tel.093-541-7777

※トップリスクマネジメント有限会社へのお問い合わせもこちらまで。
※当サイトからの新規保険加入のお問い合わせはお断りしております。

年中無休/24時間対応

お問い合わせ
トップ保険サービス株式会社/トップリスクマネジメント有限会社
損害保険代理業・生命保険募集代理店|〒802-0003 福岡県北九州市小倉北区米町1-3-1|Tel.093-541-7777 / Fax.093-521-2282
 

ページの先頭へ

募集文書番号:17-T03907(2017年8月作成)